海外セレブ&スターのニュース、ゴシップ、プロフィールを写真とともに深~く探求!

大好きハリウッド!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

20151212Angelina Jolie 120151212Angelina Jolie 11

刺青好きで知られるアンジェリーナ・ジョリ(Angelina Jolie)

プノンペンで開催されたカンボジア・フィルム・フェスティバルに出席したアンジーの腕に
また新しい刺青が増えていました。




             



アンジーの新しい刺青

20151212Angelina Jolie 7

20151212Angelina Jolie 7a




アンジーのこれまでの刺青

20151212Angelina Jolie 2
背中のウェストあたりには大きな虎の刺青


20151212Angelina Jolie 3
2004年、
アンジーはこの虎の刺青を有名な刺青師(Sompong Kanphai)にして貰うため、
バンコックまで行きました。


20151212Angelina Jolie 4
首の後ろに『Know Your Rights(権利主張)』の刺青

これは、アンジーがファンだったザ・クラッシュ(The Clash)のヒット曲のタイトル

ザ・クラッシュは1976~1980年代半ばまでセックス・ピストルズと共に人気のあった、イギリスのパンク・ロックバンド
その頃のアンジーは黒い服で目の回り真っ黒のゴスロリ・ファッション
いかにもパンクロック・ファンって格好だったんですね~。
アンジーの刺青を調べていて、アンジーがクラッシュ好きだったことを初めて知りました。



左肩から背中にかけて書かれている文字は、厄除けの言葉
カンボジアの公用語のクメール語
この刺青は2003年にバンコックで入れたものだそうです。

「貴方から敵が逃げて行きますように。もしお金持ちになっても、お金がいつも貴方の元にありますように・・・」
といった事が書かれているようです。

この刺青の前には、日本語の『死』という刺青がありました。

アンジーが初めて入れた刺青でした。



20151212Angelina Jolie 5
左腕の刺青『XIII』
13は欧米ではアンラッキー・ナンバーとして嫌われていますが、
アンジーはそんな迷信を信じないということでこのローマ数字を入れたそうです。

その後、アンジーは『V MCMXL』を付け加えました。
『XIII V MCMXL』はローマ数字で、『13 5 1940』 ⇒ 『1940年5月13日』ということ。

その日はイギリスの元首相ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)が、首相就任演説を行った日。
その演説でチャーチルは、
I have nothing to offer but blood, toil, tears, and sweat.」という名言を残しました。
(私が捧げられるのは、血、労苦、涙、そして汗以外には何もない。)
 

angelina-jolie-arabic.jpg

アラビア語で『決意』という意味

2000~2003年に結婚していた
ビリー・ボブ・ソーントン(Billy Bob Thornton)と一緒に入れた刺青をカバー
Billy Bob tatoo



rune-style-tattoo.jpg
北欧の古代文字(ルーン文字)の刺青
ルーン文字の『H』
なぜ、『H』なのか?
元彼のティモシー・ハットン(Timothy Hutton) か
お兄さんのジェームス・ヘブン(James Haven) の『H』だろうと言われています。






十字がある所には、アムステルダムで入れた青い舌のドラゴン刺青がありました。
青舌竜
アムステルダムで酔っ払った勢いで入れた刺青
次の朝、目覚めてビックリ!



十字の横にはラテン語で『Quod me nutrit me destruit』という刺青
(私を育むものは、私を壊しもする。)
刺青のある場所からして、
赤ちゃんが育つ子宮のことを意味しているのかなぁ。。。?



20151212AngieTatoo.jpg
左腕の刺青
7列の番号は地理的座標(経度と緯度)
6人の子供達とブラッド・ピットの生まれた場所まで刺青にしちゃったんですね~!


N11° 33' 00" E104° 51' 00" : カンボジアのマドックスの出生地
N09° 02' 00" E038° 45' 00": エチオピアのザハラの出生地
S22° 40' 26" E014° 31' 40":  シャイロを生んだナミビアのスバコプマント(Swakopmund)
N10° 46' 00" E106° 41' 40": ベトナムのパックス(Plax Then)の出生地
N43° 41' 21" E07° 14' 28"
N43° 41' 21" E07° 14' 28": 双子のノックスとビビアンが生まれたフランスの場所
N35° 19' 44'' W96° 55' 26'': オクラホマのブラッド・ピットの出生地


刺青とは関係ないけれど。。。、
シャイロ(Shiloh)はヘブライ語 で『平和を好む者』という意味


この座標を入れる前は、元旦那のビリー・ボブの名前とドラゴンの刺青がありました。




Tennessee Williams
angelina-jolie-prayer.jpg
『A prayer for the wild at heart, kept in cages.』
(内なる野望を閉じ込められ、自由になれない者への祈り)

アメリカの劇作家テネシー・ウィリアムズの『Steps To The Roof』(屋根への階段)の一節
「全ての人が回りの壁を打ち破って自由になって欲しい。」というアンジーの思いから、入れられた刺青。
それがアンジーにとっては完全な自由を意味するそうです。

 
アンジーの自叙伝『Angelina: An Unauthorized Biography』に、
どうしてアンジーがこの刺青をいれたのか、作者のアンドリュー・モートンが解き明かしています。

アンジーが幼い頃、父親のジョン・ヴォイト(Jon Voight)は家庭を捨て愛人のもとに去っていきました。
母親のミシェリーヌ・ベルトラン(Marcheline Bertrand)は、自分を捨てた夫への恨みをアンジーにぶつけることで傷を癒そうとしたようで、「あなたの性格は父親そっくり!」といつもアンジーを罵っていました。
アンジーが16才の時は、「やりたいだけセックスをすればいいのよ。」とボーイフレンドを同じ屋根の下に同棲させるような母親でした。
アンジーの 『A prayer for the wild at heart, kept in cages.』刺青は、そんな母親から受けた精神的抑圧から自由になりたいと入れたもだとアンドリュー・モートンは解説しています。

アンジーが若い頃、ゴリロス風でドラッグにふけったり、同性愛に溺れたりしていたのも、こんな生い立ちのせいなんだぁ。。。
アンジーのことをよりよく理解できる自叙伝です。右は訳本。
関連記事
    ★ 海外出張も自分の携帯でインターネット グローバルWiFi

  1. Angelina Jolie
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

melanie

Author:melanie
ハリウッドが大好き!シトコムもリアリティ・ショーも音楽も映画も、みんな好き!




人気ブログランキング
 にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ

ブログ内検索

最近記事

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

人気記事ランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Powered By FC2ブログ

メール

name:
mail address:
subject:
text:

ペット用品






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。