スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイトリン・ジェナー:LA市長が聖火最終ランナーにイチオシ

ロサンゼルス市のエリック・ガルセッティ(Eric Garcetti)市長
エリック・ガルセッティ・ロサンジェルス市長

2020年のオリンピックは東京

その次の2024年のオリンピックには、
 現在、ロサンジェルス、パリ、ローマ、ハンブルグが開催地に立候補し競い合っていますが、

ガルセッティ市長は
 「(栄誉ある)聖火最終ランナーは誰に・・?」とインタビューされ、
 「ケイトリン・ジェナー!」と答えました。

Bruce Jenner ⇒  Caitlyn Jenner



聖火ランナーの条件は、
 ・ 現役/引退した有名スポーツ選手
 ・ オリンピック開催国の出身者
 ・ 国際大会で優秀な成績を達成した者


1984年ロサンジェルス・オリンピックの聖歌最終ランナーは、
 1960年10種競技金メダリストのレイファー・ジョンソン(Rafer Johnson)でした。

ケイトリン・ジェナー(Caitlyn Jenner)=ブルース・ジェナー( Bruce Jenner)も
 1976年モントリオール・オリンピックの10種競技の金メダリスト

同じ競技のメダリストだという理由もあるけれど、
 男性から女性へ生まれ変わった過程や理由を包み隠さず公表し世界中から注目されているケイトリン、
 彼女を聖火最終ランナーにしたらLAに対するIOCの好感度は上がる!とガルセッティ市長は見込んでいるはず。



今、全世界のLGBTから注目、絶賛されているケイトリンですが、
 ガルセッティ市長のインタビューYouTubeビデオのコメント欄には、

 「性転換者の聖火ランナーなんか見たくない!」
 「人殺し(自動車事故)が聖火ランナーになるべきじゃない!」
 「聖火ランナーにはマジック・ジョンソンが妥当だ。」
 「やめろ、こんなこと!気色悪い!!」

非難轟轟。。。



でも、アメリカ国民全部からは支援されないかもしれないけれど、

オリンピック開催地選定会でケイトリンがプレゼンテーションをしたら、

全世界から注目を浴びるかも。。。

滝川クリステルさんがプレゼンした「おもてなし・・・!」に負けないかも。。。

 


ちなみにガルセッティ市長は民主党員(Democratic)です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。