スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BBキング:年老いてしまったブルースの神様

BB King Calls This One Of His Best Performances


このビデオは多分、
1972年の感謝祭の日、 ニューヨークのシンシン刑務所 (Sing Sing Correctional Facility)でBBキング(B.B. King)がジョアン・バエズ(Joan Baez)と一緒に慰問コンサートを行ったときのもの

BBキングが最高にノッテイル頃のパフォーマンス

1925年9月16日生まれのBBキングは、現在88歳

今も現役でコンサートやジャズクラブで演奏しています

4月4日、セントルイスでコンサートを行った時の演奏が、観客としてはブルースの神様のコンサートに行ったのに歌っている途中で歌詞忘れたり、歌うより話しているほうが長かったり。。。
あまりにも酷くて、野次が飛んだり、途中で帰ってしまったお客もいたそうです

⇒ ビデオは続きで見てね。
セントルイス市ピーボディ・オペラ・ハウスのコンサート


後で、BBキングの代理人が説明したところによると、
「ミスター・キングは糖尿病を患っており、あの日は薬を飲み忘れていたために血圧が上がってしまい、具合が悪かったためにあんなパフォーマンスになってしまった。薬の飲み忘れに加えて、ラスベガスからセントルイスまで移動してきたばかりで、疲れも相当溜まっていた。」

"Simply put, it was a bad night for one of America's living blues legends -- and Mr. King apologizes and humbly asks for the understanding of his fans."
「簡単に言うと、あれはアメリカのブルース・レジェンドにとってついていない夜でした。ミスター・キングはファンの皆さんに謝罪し、どうぞ理解してくださいとお願いしています。」


全盛期の演奏を期待するのは無理だけど、今後もまだ現役でパフォーマンスを続けるのでしょうか?
それでもBBキングを見たいという人はまだ居るんでしょうね。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。